« はじめに | トップページ | 薔薇と海馬 »

血液型を変える酵素?!

米ハーバード大等の研究により、A型,B型,AB型の赤血球をO型に変える酵素(彼らは約2,500種類の細菌や菌類の抽出物を調べることで、A抗原を取り除く酵素とB抗原を取り除く酵素を得ることに成功)が発見された。この2つの酵素を利用することで、あらゆる血液からO型赤血球と同等の赤血球を得ることが可能になる―。しかも今回のこの成果、、従来行われてきた実験方法より高効率ときた。これは喜ばしい結果である。何故なら、O型の血液は赤血球の表面に抗原(A型ならA抗原、B型ならB抗原、AB型はA,Bの両抗原。)が無く、ABO式のどの血液型の人にも輸血出来る。と、いうことは!!将来緊急オペの際、「血が足りません!!」なんて事がなくなるかも?!もっといったら、献血が必要なくなるかも…?!…まぁそれは無いと思いますが…なんとなく。

しかし輸血の副作用は異型輸血だけでは無いので、その辺も解決せにゃあならんのでしょうか?難しいですな。

まぁ、現時点でいくら高効率とは言っても実験室内での成果なので、実用化には程遠いだろう。今後の研究に期待したい。

参考URL↓

|

« はじめに | トップページ | 薔薇と海馬 »

ニュース」カテゴリの記事

医療」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401627/6342869

この記事へのトラックバック一覧です: 血液型を変える酵素?!:

« はじめに | トップページ | 薔薇と海馬 »