« 僕たちの歴史 | トップページ | THE☆美白酵素 »

悪魔の棲む教室

以下には、性に関する記述がなされています。閲覧の際は、お気を付け下さい。

【尼崎小4児童暴行事件】

・兵庫・尼崎で起きた小4男児による同級生女児への性的暴行事件。
 「アダルトビデオと同じことがしてみたい」という動機で、複数男児の目の前で呼び出した女児を暴行するという悪質なものであったが、事件発覚後の加害男児側や教委の対応について被害女児の母が以下のような証言をした。(ソースは、週刊新潮記事を朝日放送「ムーブ」が報じたもの。ばぐ太書き起こし)

・被害女児の母(女児は母子家庭)・加害男児の父が学校内で面会したとき、加害男児父が封筒を 差し出してきた。その受け取りを拒否すると、教師が「お母さんはどうしたいのですか?」と問う。
 被害女児母は「先方に引っ越してもらいたい。それが無理なら私の方が引っ越します。ただし、その場合は引っ越し費用をお願いします」と話すも、両家の話し合いは平行線で終わる。
 2日後、加害男児の母が被害女児母をファミレスに呼び出す。そこで加害男児母が「本当に申し訳ありません」と詫び、引っ越し費用を加害男児側が負担することで合意がなされた。
 ところがその翌々日、被害女児母のもとに警察から「あまりひどいことを言わない方がいいですよ」と電話が。なんと、加害男児父は「妻が恐喝された」と警察に訴えていたのだ。被害女児母は警察に事情を話すことで納得してもらい、その日の夕方に校長室で加害男児父と面会することに。
 そこで加害男児父は「女房は怖くて夜も歩けないと言っている」「子供に手を出したらただでは済まんぞ」と言い、これを最後に連絡がなくなった。

 被害女児は精神的に大変な状態になっているが、費用もなく引っ越しはできないまま。学校側は何ら対応を取らず、市教委に問い合わせても「女児に問題があった」というような発言をする始末。

 結果、数か月たっても被害女児・加害男児は同じ小学校に通っている。
 ttp://www.youtube.com/watch?v=lp6GUXIfi0U

※元ニューススレ
・【社会】 「AVと同じことしたい」 小4男児、複数男児の前で同級生女子に性的暴行。市教委ショック…兵庫・尼崎★8

以上、http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=17785065&comm_id=2071333より

「被害者が悪い」

この考えが浸透しているのが日本である。まるで人を玩具の様に弄び、心を殺す。こんな事が平然と罷り通るなど、先進国には程遠い。無法地帯の代表国だ。何故、この国に終身刑は存在しないんだ?

「AVと同じ事がしたい」などという下らない欲求の為だけに、周りの男児に見世物にし、女児の人生を、心を傷つけた。助けもせずに便乗した奴等の精神はどうなっているんだ?彼らは既に血の通った人ではない。人の皮を被った下等生物だ。それとも脳が、死んでいるのか?
被害の後も同じ学校に通うなど、学校側の対応が知れない。人一人の人生を台無しにしておいて、恥ずかしくもなんともないのか?まるで、今期放送中のフジテレビドラマ「わたしたちの教科書」の学校の対応と同じ事が、現実学校で起こっているようだ。
事実、この歴史の中、隠蔽工作などhいくらでもあるだろう。いくらでもある―だからこそおかしいのだ。こんな事が罷り通るこんな世の中だから、悔しくていられないんだ。
「夜遅くで歩くのが悪い」。仕事で遅くなる。好きな人や友達と会っていて遅くなる。どうしてそれが自由に出来ない?大阪のペッパーランチ事件…食事すら安心して出来ないのか?
「格好が挑発していた」。この発言は、電車で痴漢した加害者が口にした動機だ。何故加害者の言い分が罷り通り、「露出は控えろ」と言われなければならない?そもそも、そんな情動を理性で制御出来なかった方に、人として問題があるのではないか?

「被害者が悪い」。

もし、自分が同じ目に合ってこんな事を言われたら、どうだ?死にたくはならないか?一瞬でも、世界を憎まないか?傷ついた人間を更に傷つけて、それで何が生まれるんだ?
言えるのか?これから先、何があるかあるか分からない世の中で傷つくかもしれない自分を置いて、それを言えるのか?私は言えない。言う気持ちが分かるか?分からない。
男も女も関係ない。そもそも、男性に対する強姦罪が認められていない方がおかしいではないか。今の法は、加害者を守り、被害者を隅に追いやる。それでしかない。
殺人には正当防衛が存在するが、強姦には存在しない。「殺されそうになったから強姦しました」は成立しない。
まして、被害者にPTSD等の精神的被害を負わせても、のうのうと生きていられるのだ。そして、数年で牢から出てきて自由になれる。人の人生を狂わせておいて、殺しておいて、何故、お前が生きているんだ?

自分より弱い者に手を出した人間は、一生堅気になれないという統計があるそうだ。…これについては何となくとしか言えないが、筋が通る気がする。

…こんな世の中なのだ…仕方が無い。「仕方が無い」というのは、諦める為のものでは無い。「仕方の無い世の中」だからこそ、もう自分の身の安全を、誰かに委ねたりは出来ないのだ。法があって法が無い。日本はそんな無法地帯国家だ。この非情な世界で安全を守りながら生きて行く為の、苦肉の策なのである。行政は何もしない。

被害者の女児は、息を潜めて加害者と同じ学校へ登校しなければならないのだ。そんな重荷を、背負って行けというのか。―どうかそれでも、強く気高く、生きていって欲しい。今、それだけが私の願いだ。

子供である前に、教師である前に人間なのだという事を、忘れてはならない。

|

« 僕たちの歴史 | トップページ | THE☆美白酵素 »

意見」カテゴリの記事

コメント

コメント遅くなってごめんにょ(><;)
でも、ちゃんと携帯から見てたからーー!!


今更ながら、ブログ開設おめでとう☆☆


ってか、怖すぎ!!
ってか相手の父親ありえない!!
学校もマジありえない!!
すべてが信じられない。。。

そんな学校、もし自分に子どもがいたとしたら、恐ろしくて通わせられない・・・。

投稿: RACHEL | 2007/05/20 15:01

ようこそRACEL様!
どうもありがとう☆

このニュースを読んで、結局、学校も1つの組織なんだという事を、改めて思い知らされましたよ。
こんなの、誰も信用出来ない…。女の子が可哀想過ぎる…。それまで凄く人のことを信じていた子かもしれないのに。

親父には呆れた!って感じ。こんなやり方…暴力団かよ。
凄く怖い。

飲食店に入る時も、気をつけなくちゃ(><)!!

投稿: RuKa | 2007/05/20 23:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401627/6471119

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔の棲む教室:

« 僕たちの歴史 | トップページ | THE☆美白酵素 »