« 声質 | トップページ | 決め付けないで。 »

感性と音楽

音楽を聞く時は、「自分の魂のリズムに合うかどうか」が、私の甲乙付ける際の基準になっている様です。ぴったり波長が合うと、凄く気持ちよくなれたり、終いには熟睡していた。。なんてことも。
日本語のJ-POPでそれは中々難しいですが(言葉がはっきり分かってしまうと、私は妖力開放してしまうのです)、民族楽曲は何処の民族の音に触れても、気持ちの良い音にさせてくれます。その土地のリズムが伝わってきている様で、非常に私を楽しませてくれるんです。

こういうものを、根こそぎ奪い取ってしまってはいけませんよね。時に激しく、時に穏やかに奏でる美しい旋律は、人類の宝です。

|

« 声質 | トップページ | 決め付けないで。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

>自分の魂のリズムに合うかどうか

非常に同意します。他の人がこれいいよーと言われ、勧められたのを聞いても、「?」ってなるときが多いです。逆に自分が感動する曲は極端な話、CM間のほんの数秒にかかった音楽が一つだったりして、「この曲は自分の頭が好きな音楽だったり、歌詞なんだなー」とか思います。

私には切羽つまった曲よりも、のほほんとした曲のようです。

投稿: いつも読んでますグミ | 2007/07/22 23:36

そうそう!波長が合うっていうのかな。
私も好き嫌いがはっきり分かれるタイプだから、聞いて損はしないけど、全くジャンルが異なると受け入れるまでに時間が掛かりますね。

のほほんとしたの良いよね!眠~くなるやつ☆(笑)
クラシックでは『月光』が好きだな♪後、和洋楽器の合作が一押しっす!
…あれ??「時間掛かる~」とか言っといて薦めてるよこいつA(‐∀‐;(笑)

投稿: RuKa | 2007/07/26 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401627/7208059

この記事へのトラックバック一覧です: 感性と音楽:

« 声質 | トップページ | 決め付けないで。 »