« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

ブドウ糖でECO発電?!

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200708/07-074/index.html

いやぁ~、やってくれましたね!ブドウ糖って確か自然界に最も存在する糖でしたよね?
それを聞いた時、「ブドウ糖が分解される時のエネルギーか何かを利用して環境に優しい装置とか作れないかな~」とか妄想していた時期もありましたが、本当にやってくれるとはっ!!

これでソニーは又研究費用が貰えるし、是非実用化に至って欲しいです。初期はやはり値が張るでしょうが、研究費分を取り戻さないといけないので仕方の無い事です。
金欠人間の私は、安くなったら買います。ごめんね環境;

【発電の仕組み】(上記HPより抜粋)
Photo_4 ぶどう糖で発電するバイオ電池は、ぶどう糖を分解する酵素と電子伝達物質を固定化した電極(負極)と、酸素を還元する酵素と電子伝達物質を固定化した電極(正極)で、セパレーターを挟んだ構造になっています。
負極側では、外部からぶどう糖(グルコース)の水溶液を取り込み、ぶどう糖を酵素で酸化分解する際に電子と水素イオンを取り出します。
〔グルコース →グルコノラクトン + 2H+ + 2e-
水素イオンはセパレーターを介して、負極側から正極側に移動します。正極側では、空気中の酸素を取り込み、電子と水素イオンによる還元反応によって水が生成されます。
〔(1/2)O2 + 2H+ + 2e- → H2O〕
この一連の電気化学反応を通じて、電子が外部回路を移動する際に、電気エネルギーが取り出されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

患者の暴力

横暴患者に大学病院苦悩、昨年は暴力430件暴言990件
全国の大学病院で、昨年1年間に医師、看護師が患者や家族から暴力を受けたケースは、少なくとも約430件あることが、読売新聞の調査で明らかになった。
理不尽なクレームや暴言も約990件確認された。病気によるストレスや不安が引き金となったケースも含まれているが、待ち時間に不満を募らせて暴力に及ぶなど、患者側のモラルが問われる事例が多い。
回答した病院の約7割が警察OBの配置などの対策に乗り出しており、「院内暴力」の深刻さが浮かび上がった。
調査は、先月から今月にかけ、47都道府県にある79の大学病院を対象に行い、59病院から回答があった。このうち、何らかの暴力あるいは暴言があったと回答した病院は54にのぼる。暴力の件数は約430件、暴言・クレームは約990件。暴力が10件以上確認されたのは6病院、暴言・クレームが50件以上あったのは5病院だった。
「クレームはここ2年間で倍増した」(大阪大医学部付属病院)など、暴力や暴言・クレームが増加しているという回答は、33病院に達した。ただ、こうした件数や事例を記録に残していない病院もあり、今回の調査結果は、「氷山の一角」の可能性が高い。
暴力の具体例では、入院手続きの時間外に訪れた軽いけがの男性に、医師が「ベッドの空きがないので明日来てほしい」と告げたところ、缶コーヒーを投げつけられ、注意すると顔を殴られて、顔面を骨折したケースがあった。入院患者から「言葉遣いが気に入らない」という理由で足に花瓶を投げられた看護師もいた。
けがを負う病院職員は少なくないが、「病気を抱えて弱い立場にいる患者と争うことはできるだけ避けたい」という意識から、警察に届け出ない場合も多いという。
暴言・クレームでは、複数の患者がいたために、すぐに診療を受けられなかった患者の家族が、「待ち時間が長い」と腹を立てて壁をけったり、暴言を吐いたりした。検査後に異常がなかったことがわかると、患者から検査費用の支払いを拒まれた病院もあった。
精神疾患や重い病気で心理的に追い詰められた患者が、暴力や暴言に走ってしまった事例もある。しかし、多くの病院は、それ以外の患者や家族による理不尽な行為に悩んでおり、「(一部の患者から)ホテル並みのサービスを要求され、苦慮している」(慶応大病院)との声が上がっている。
具体的な対策をとっている病院は44にのぼり、警察OBを職員に雇い、患者への応対に当たらせている病院は21、暴力行為を想定した対応マニュアルを作成した病院は10あった。院内暴力を早期に発見・通報するため、監視カメラや非常警報ベルを病棟に設置する病院もあった。(2007年8月19日3時4分  読売新聞)

♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。・゚♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。・゚♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。♥。・゚♡゚・。゜♥。゚♡゚・。♥。・゚

以前「八つ当たり医療現場」にも書きましたが、「患者=医者=看護師=人間」ですよ。患者だから何ですか。医者だから何ですか。
そもそも、小泉内閣の際、医療費を削減した事にも問題がある訳で、もう少し社会の全体像を見てから行動に移して下さいよ。
医師の暴力も患者の暴力も同じです(医療ミスは普段の生活での暴力とは異なると定義した上で)。野蛮とされる自己主張の取り方をする前に、理性でものを申して下さい。
このまま放置しておけば、今後必ずエスカレートします。「手を上げる」暴力以外の事だって起こりますよ?今でも、診療中に、医者や看護士が患者に性的暴行を加える事件が実際にあります。それでも医師免許は取り下げられません。そんな事態まで招いているのに行政は何もしない。このままでは、非人道的行為が医療機関にまで蔓延る事になります。無法地帯のまま野放しにしておいて良いのでしょうか?
何故、燐とする態度が許されない世の中になったのか。
人間なら甘えるな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1文字5円、卒論に代行業者…大学は「見つけたら除籍」

「大学の卒業論文やリポートの執筆を有料で請け負う代行業者が登場し、波紋を広げている。
学生がインターネット上で見つけた資料をリポートなどに引き写す「コピー&ペースト」が教育現場で問題となっているが、これを上回る究極の「丸投げ」で、文部科学省は「事実とすれば、到底認められない行為」としている。
ネット検索大手のグーグルも、「こうした代行は不正行為にあたる」と判断、代行業者のネット上の広告掲載を禁止する措置に踏み切った。
「国立大の学生・院生を中心としたチームなので安心の品質」「6年で740件の代行実績」。ある代行業者のホームページ(HP)には、そんなうたい文句が並ぶ。別の業者のHPは「社員は学生時代に必要最低限の勉強量で優やAを取ってきた精鋭ぞろい」とアピールしている。
料金は1文字5円程度。納期は卒論で1週間以上、リポートでは2、3日以上が多い。テーマや内容、分量、納期などを指定のメールアドレスに送り、その後のやりとりで合意すると正式契約となる仕組みだ。こうした業者のHPはネット上で少なくとも三つ確認されたが、個人レベルで請け負っているケースもあると見られる。
このうち、昨年4月から事業を始めた業者が読売新聞の取材に応じた。これまでに300件近い問い合わせを受け、実際に100件以上を請け負ったという。2万字程度のリポートで10万円、発表会のための個別指導を含む卒論執筆だと35万円からという料金設定にしている。
事業を取り仕切る20歳代の男性は「もともと大学院の入試対策を有料で行うつもりだったが、依頼の大半は卒論やリポートの代行だった」と明かす。法律関係が依頼の半分近くを占め、文学、経済関係も多い。理系では物理や化学は皆無で、情報科学の依頼が数件ある程度。これまでに、「単位が取得できなかった」「発覚してしまった」という苦情は寄せられていない。
「卒論を3日で仕上げてくれ」など、安易に代行を頼む学生もいるが、この男性は「依頼者の多くは、教員に放任扱いされ、課題にどう対処すべきか悩んでいる。我々がやっているのは、最後の駆け込み寺のようなもの」と主張している。
これに対し、この業者のHPをネット上で見つけた京都府立大の川瀬貴也准教授は、今年1月、「あなたたちのしていることは犯罪。即刻やめるべきだ」というメールを送った。「『卒論を代わりに書く』という商売があるとは、とんでもない話。発覚すれば、学生の単位を取り消すどころか除籍処分ものだ」と憤る。
文部科学省大学振興課も「いかなる理由があろうと、他人に卒論やリポートを書いてもらうことは、常識からも認められない」との見解だ。ただ、大学側からの事例報告などがないため、当面は調査などはせず、様子を見守るという。
一方、検索大手のグーグルは今年5月、卒論代行業者の広告掲載を禁止した。検索語と関連するウエブサイトが広告として掲載される機能で、今回の禁止措置について、グーグル広報部は「情報提供や執筆のサポートではなく、全部を代行するというのは、不正行為にあたると判断したため」と説明している。」(2007年8月18日16時14分 読売新聞)
**☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:****☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:****☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:****☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:****☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:****☆**:;;;;;:**☆**:;;;;;:**
志の低い学生がする事です。高い学費を払って学を修めようというのに、それなら初めから行かない方が…とまで思ってしまう私は堅物です。
しかし今は、「大学行けば何とかなるだろ」という思想が世に蔓延り過ぎている。小学生の頃から思っていた事だが、日本の教育には「問いかけ」が無い。自ら哲学する事が理想だが、何故こうも「言われた事をやる」だけが評価される世の中なのか。それとも、その矛盾に気付き、己の力だけで這い上がれとでも言うのか?!過酷だ…しかし価値はある。
「法学部の学生が大半を占める」とあるが、私の友人は、ゼミに教職と、休む間もない無い位、いつも頑張っていました。怠けているだけの学生に言いたい。「恥を知れ!」と。
まぁ理系はデータ改竄が問題でしょうな。学生が自発的に改竄するのは点検があるから難しいと思うけど、教授が許しちゃったり見落としたりしちゃったら、折角実験で得た事実を捻じ曲げる事になりますからね。不本意な結果でも、そこから考察していくのが科学屋の醍醐味でもあるのでしょうから。今でも院生として研究に勤しんでいる皆様、尊敬&応援しています。頑張って下さい。
しかし1文字5円って、どんだけ金持ち?!まぁ、今はバイトで稼いでいる人もいるから、ちょろい奴にはちょろいのか。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

万華鏡の世界

金曜の夜帰宅すると、教育TVで放送している「美の壺」。
今日は万華鏡の特集でした。
2年連続で最高賞を受賞した夫婦の2台の手作り万華鏡。1つは四季折々を抽象的に表したもの、もう1つは宇宙の誕生から今までの様子を写したもの。画面越しの筈なのに、心を奪われてしまいました。「手に入れたい」と願っても叶う筈の無いものですが、今日見たものを想像して、リラックスしようと思います。
美しいものを見ると、気持ちが落ち着きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日大全集

なる本を立ち読みしてきました。
いんや~、面白かったです。運勢とかは信じませんが、性格は当たってると面白い。

嬉しかったのが、フランスの生物学者「ルイ・パスツール」と誕生日が同じだった事!!思わず顔がにやけてしまいました(笑)。他にもヘプラーや微積分の発展に大きく貢献した人とか、産婦人科医とか。
当たってるな~と思ったのは、特に「支配者」とか、「権力に立ち向かう」「無鉄砲」「専門的」とか。

ところで、コンタクトにしてからというもの、道端で勧誘される事が殆どなくなりました。眼鏡掛けてた頃は同じ駅で3回も声掛けられたのに;
あれすっごい迷惑ですよね。私はそんなに信心深くありません。いつもいい人ぶってるだけで本性は絶対零度ですよ。何を血迷って声を掛けてくるのか…人選ミスにも程があります。
「2~3分お時間を…」「2~3時間の間違いなんじゃないですか?」
はぁ~あ、やれやれ。

…ところでどっこい。今日は長い間体調を崩していたお友達にお目にかかれて幸せでした☆
とても綺麗な方なので、目の保養になります。

さて…Hbの分子構造を印刷したいが、インクが無いので明日になりそうだ。。無念…orz

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ライフって…

今日ちらっとだけ見たんですが、あれって「虐めに立ち向かう少女の物語」では無く、「卑劣な犯行に立ち向かう少女の物語」ですよね?
境界線の認識不足にも程があると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛猫MOCO様

我が家の愛猫MOCOの、未だ数か月の頃の写真。この先、お顔と手足がどんどん黒くなっていきます。
雑種です。
私が言うのも何ですが、非常に頭が良く、賢いです。最近、アメリカのオスカーという猫ちゃんが患者さんを見取る事で有名ですが、この子も、人の具合が悪いと看病してくれるんです。心配そうに顔を覗き込み、匂いを嗅いで、手を舐めて、一緒に寝てくれます。余程の時は助けを求めて周りに知らせたり。とても可愛いです。
猫って、何かを感じ取る能力がズバ抜けて備わっているのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

泡沫の記憶Ⅱ

人の死を初めて目の当たりにしたのは、小学二年生の時だった。
亡くなったのは、母方の父である。

葬儀の日、私は祖父が横たわるその傍で、じっとその死に顔を見つめていた。不思議と涙は出なかった。その際感じた事は、悲しいとかそんな感情では無く、「いつか私もこうなる」という事実だった。それが幼い為のものだったのかは分からない。唯それだけははっきりと、今でも覚えているのである。

私が祖父について覚えているのは、兄弟が生まれる際、預けられていた時に見た、雪掻きをする祖父の後姿である。それ以外の記憶は、今はもう朧げである。それが人間の性か。会話も交わさず、唯後姿だけ眺めている記憶の方が鮮明なのである。

一期一会を伴う別れの涙なら、希望を携えて涙するのだろう。
そして人の死に涙するのは、その人との思い出を慈しむからこそ出来るのだろう。
冷酷と揶揄されても構わない。

今思い返して判った。
私はあの時、いつか来る私の死を覚悟したのだと。だから、あの時もその先も、人の死で泣いた事は無い。小学校の時校長が亡くなった時も、中学校の時いじめの相談を受けていた友人が亡くなった時も、私は唯、「自分も後から行くんだ」と、思うだけだった。
死者がその体を張って教えてくれるのは死だ。死は死でしか語れない。命が最後に教えてくれるその重みを、私達は知っている筈だ。その重みを携え、心のどこかに覚悟を決めて、歩いて行くのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

積分計算

部分積分に置換積分…久しぶりに解いたら結構面白いもんなんだな。今頃になってそんな発見。

発見と言えば花火の本。全カラー写真で見応え抜群でした。
炎色反応懐かしいな~。思ったより詳しく載ってました。
「白はAlとMgかぁ」
そんな事を考えながら花火を見るのも乙ですな。

カラオケ行きたい。。その欲求不満を晴らすかの如く、毎晩湯槽で熱唱。近所の皆様には御迷惑おかけしてます(笑)
♪最近よく歌う歌♪
abingdon boys school:「HOWLING」(CD持って無いから、途中から歌詞分からないんだよね。でも歌う。歌ってしまう!!)
ナイトメア:「アルミナ」(何故に酸化アルミニウム?)、「レゾンデートル」
ジブリ:「テルーの唄」、「トトロ」、「ラピュタ」
エヴァのOP
他に鬼束ちひろ、サザン、中島美嘉…etc.
たまに宇多田ヒカル、演歌。
…不満解消に書いてるつもりが本当に歌いたくなってきた…。
まぁ、暫らくお預けだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒストン

調べてたらH1,H2A,H2B,H3,H4の5つがあって、H1以外で八量体を作って、その周りにDNAが巻き付いている…と。そんでもって、そのヒストンにH1がクリップの様に1分子結合している…という認識で良いのかしら?図を見るとそんなトコだけど。もうちょい調べてみる価値あるな。

…で、読んでて面白かったのが、H1だけが進化過程での保存が最もされてるって事。って事は、ヒストンH1以外の情報について追跡していけば進化の過程で何か分かるかもしれないって事なのかな?そうだったら面白いな。

今日はそんなトコか。
後、友達から聞いた話。
子供じゃあないんだから、社会人にもなって「トイレ付いてきて〜」の発言にがっかりしたそうです。
そりゃそうだ。何故人の尿意に付き合わなきゃならんのだ。用があるなら未だしも、単に尿意を催しただけってんならわざわざ付いて行く必要ありませんよね。それとも、一夜ならぬトイレを共にする事で何か生まれるのか?
まぁ人は人、自分は自分ですからね。ちょっと疑問に思ったので書いてみました。

それから浴衣。持ってないんですよね。お金勿体無い云々言ってる内にこの年ですよ。金が無いのは事実ですが、だったら作れと。てか、ずっと作ろう作ってみようと思ってたんですが、野望から早10年近く経ってますよコレ。でも、来年(再来年?)花火見に行く時に友達が貸してくれるって言ってくれたのは嬉しかったなvV
そういえば、高校から付き合っている友達は不思議と縁が途切れた事が無いのですが、これはありがたい事です。今度10人位と又会えそうなのが嬉しい(*^▽^*)
今新しい環境で出会った友達とは趣味が9割同じでびっくり(@_@)打ち解けたの最速なんじゃないか?こんなに早く自分を出したの初めてだよ(笑)落ち着くし☆
大学の友達ともお食事行けそうだし☆
言わずと知れた幼馴染みは勿論、年月や相性も去る事ながら、今まで私といてくれる人は皆、出会いを大切にしている人達なんだと、染々思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »