« もうちょっと書き方を考えてみた。 | トップページ | トカゲハンターMOCO☆ »

真相って何だ。

光市の裁判について、厚かましくも意見させて頂きましたが、私は、

「裁きは事実にのみ基づくものでなければならない」

と考えているので(理想ですが)、現時点での私の脳内情報のみでは「極刑が妥当では無いか」となってしまいますが、ここで問題としたいのが「真実」です。

いかなるものが真実なのか。

それを垣間見るには、裁判の傍聴に立ち合い、全ての偏見を取り払って尚、客観的視点から向かい合う事が最たる近道ですが、未だ出来ず。不透明さによるもどかしさを感じながら、当事者でも無い私に解る筈の無い真実を、一部だけでも噛み砕きたいという衝動だけに駆られ、日々考察しています。

マスコミに流されるつもりは毛頭ありません。唯、TV等で見聞きした内容については必ず四方八方から議論します。

遺族も被告人も弁護士も検察も、「何故、その様な行動に出るのか」。何を考えているのか。

知らずとも、世界は動く。

知らない私は考える事しか出来ないが、それが私の糧になるのなら、どんな事だって考えてやろうと思います。そうする事で見る痛い思いは、今まで数えきれない程ある。今更それは恐くない。

私が今出来るのは、世界と私を繋ぐ事。…唯自分を律したいだけの理屈かもしれないけれど。

無関心を装った時、降り掛かる火の粉からの逃げ道は、無い。

この裁判において、私は唯、結果を待っているだけなのかもしれません。
「性善説」や「性悪説」でも無く、私が人間として求めているのは真実です。

そして、人生の真実が解るのは、死ぬ時。
死は死でしか語れないのと同様に、真実は真実のみでしか語れない。

マスメディアも一部の人が構成しているものなので真実ではありませんが、意見を参考にするだけなら意味があると思います。

そこまで承知しておいて、しかも蚊帳の外の存在である私は、本来専門外の学問・事例に対して公に言及出来る立場では無い(当事者に対して失礼ですから)とは思うのですが、こうして素人なりにでも必死に考えた事を書き留めておきたいと思って実行する行為は、罪にはならないと思うのです。自己主張の強い奴だと思います。自分に甘いのでしょう。

特に、今法廷で争われている遺族の方には非常に失礼であり、勝手に意見したことを申し訳なく思います。
それでもこんな事を書ける私は、やはり冷酷です。

傲慢な私は、自分の人生を集約させる為だけに記事を書きます。しかし、ここでのみ測られる自分は自分では無いので、私はこれからも、私を生かす事に心血を注いで行こうと思います。

関連記事
「人として。(山口光市母子殺害事件集中審議)」
「もうちょっと書き方を考えてみた。」
「陳腐だけど」

|

« もうちょっと書き方を考えてみた。 | トップページ | トカゲハンターMOCO☆ »

意見」カテゴリの記事

コメント

被告以外誰も犯行の様子は見ていません。
検察も遺族も。
事実を検証するのが裁判のはずなのに、検察の言い分が事実になってしまっている。
また遺族に対して腫れ物に触るような扱いをしているのも疑問です。
被害者・遺族というのは誰でもなる可能性があります。
当然人格者ばかりがなるわけではなくて、非人格者、場合によっては加害者になっていたかもしれない人間もなる可能性はあるわけです。
当然その発言も正しいわけではなく、遺族に対して妙に萎縮して自由に発言できないというのはあきらかにおかしい。
たとえ不快にさせようとも言うべき事は言うべきだし、恐縮する必要もないしあってはならない。

投稿: おいら | 2007/09/25 21:17

おいら様、初めまして。コメントありがとうございます。

誰がどうなるかなんて誰にも分かりませんし、人間は生命体としては平等の存在なので、私もそこには同意しますが、出来ればこの事件に関する別の記事を読んで頂けるとありがたいです。
そちらを読まれると書いてあるのですが、「何が真相なのか」という事は誰にも判らないので、私は遺族や検察の方が真相を見たなどとは書いておりません。当事者と真実を知っているのとは違います。だから、もし被告が犯行を犯したなら、それを当事者に話して欲しいというのが、私の感想です。

又、被告が強姦目的では無くとも、強姦に及んだ事は体液鑑定から明らかにされているので、それに関しては記事「もうちょっと書き方を考えてみた」のコメントをご覧になってみて下さい。

随分長くなってしまいましたが、最後に一つだけ。
私の締めの言葉は、遺族の方に対し萎縮しているのではありません。
では何故あのような発言をしたかと言いますと、被害者遺族としてデリケートになっている彼らへの、私の精一杯の礼だからです。
どんな議論に於いても、まず始めに礼を持たなければ相手に失礼ですし、例えば面接試験におけるグループ討論などではそれが

投稿: RuKa | 2007/09/26 02:20

当たり前ですし、結局、議論もある種の人付き合いなんですよね。まぁそれ以上親しくなるのは稀ですけど(^_^;)
ですから、私は最低限の礼儀をわきまえた上で発言したいと思っています。
表現の自由と同時進行で行くのが良いんじゃないかと。
現に好き勝手言ってますからね、私。

では、この辺で。
長文、失礼しましたm(__)m

投稿: RuKa | 2007/09/26 02:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401627/8067984

この記事へのトラックバック一覧です: 真相って何だ。:

« もうちょっと書き方を考えてみた。 | トップページ | トカゲハンターMOCO☆ »