« フラワーアレンジメント | トップページ | 言い訳。 »

陳腐だけど

その人の人格と仕事としての行動は、違うと思うんですよ。
相乗効果や表現に特徴が出る事はあっても、その人の全てでは無いし。仕事はその人を成長させるものだと思うから、その人が「仕事として行った行為」が、一概に人格否定されるべきでは無い、と考えています。

医者にしろ弁護士にしろ何にしろ。

マスコミによる見境無い医療人叩きを鵜呑みにして、「医者は全員が悪だ」とする様な態度で診療に臨む一般視聴者は、正直もっと客観視して欲しいです。インフォームドコンセントやセカンドオピニオンが十分になされなかった等、「医師個人の問題」も医療問題ではあります。
しかし、果たしてそれが全てでしょうか?
問題の中には、「組織の整備がなされていない」、例えば、連携プレーや役割分担(あまりカッチカッチに分担してしまっても、それしか出来なくなって困るのですが)が疎かになっている場合もあります。最近の妊婦盥回し事件がその典型です。
連絡網の整備は基本、組織内での看護師の負担を軽減する事や、産婦人科医の確保も必要でしょう。
しかし、現状ではそれがスムーズに行われていない事が、実態として浮かび上がっています。
負担の大きい科への敬遠が理由の一つでしょうか。しかし、強制的に「~科へ行け!」と他人が言うのも、結局そこには、医者として働こうとする一人の人の人生がありますから、ちゃんちゃらおかしな話です。
覚悟と使命感が相当強くなければ、特に女性で忙しい科に行くのは至難ですし(生理休暇など取れない病院が圧倒的ですからね。男女差別も根強いと思います)、外科医などは腕が無ければ執刀医として成り立たないでしょう。
個人の自覚を促すのは教育機関の役目ですが、産婦人科や小児科が島流しと揶揄される様な現状を改善するのが、最善の策だと思います。

又、橋下弁護士と弁護団の争いにおける両者への人格否定。あれは何なのだろうと思います。
日本では事件の被害者にまでその様な発言をする人をよく見掛けますが、人格まで否定するなら、その人のプライベートなど、随分なところまで知ってらっしゃるのね?と問いたくなってしまいます。

私も、親戚からありましたけどね。人の真意を汲まずに「没個性」発言されたこと。お前何様だと。…言いたくなりましたがね。その時は黙って聞いといてやりました。年配者だし。何年も会ってない奴が人の個性分かるかよ?人格者気取ってるみたいだけど、「人には必ず個性がある」事忘れてるなら既に人格者では無いよ。

…ここでこんなことほざいてる私もそうだがな。

…話がずれましたが、始めに述べた様に、人格と仕事でしている事って、違うと思うんですよ。
だからあんまり、人格否定発言は正攻法ではないかな、と。

今日はそんなところです。

関連記事
医療カテゴリー
「人として。(山口光市母子殺害事件集中審議)」
「もうちょっと書き方を考えてみた。」
「真相って何だ。」

|

« フラワーアレンジメント | トップページ | 言い訳。 »

医療」カテゴリの記事

意見」カテゴリの記事

コメント

記事一通り拝読させて頂きました。
カテゴリー内重複もあり、2~3度読みした記事も(笑)
...で。
『私は瓦礫の上を生きている生命。この命が尽きるまで、
私の瓦礫を乗せながら、歩いて行くんだろう。』
この一節が、私の心に強く残りました。

学生時代、バイトと麻雀に明け暮れながらも
「デ、カン、ショ」の思索に触れていた私ですが
当時の私に、これほどの名節が言えたどうか...
Rukaさんは化学をご専攻との事ですが、哲学の素地
もおありなようで、「我(民)思う、故に民(我)あり」
のようなご自身のコギト命題を模索しながら、化学
の道を究められ、成功されますよう念じております。

私も老眼に達した自己レンズの歪みを磨き思惟つつ
人生後半を過していくつもりです。
初老の戯言コメント、失礼致しましたm(_ _)m

投稿: 丸井太輔 | 2007/09/27 19:29

貴重な時間を裂いて全ての記事をお読みになって下さり、どうもありがとうございます。

>カテゴリー内重複もあり…
申し訳ないです。
始めにカテゴリーを作り過ぎてしまい、
「この記事はこっちとこっち、どっちに入れたら良いんだ…?…いいや、両方入れちゃお☆」
…といういい加減さが仇になりました;お手数お掛けして申し訳ありませんでした。

戯言などとは、とんでもございません。
「僕たちの歴史」の一節を心に残して頂けるとは、思ってもいませんでした。
あの言葉をその様に言って頂けるとは、誠に恐縮・光栄であります。
本当に、ありがとうございますm(_)m

丸井太輔様は哲学を専攻しておられたのですね。私は齧った事しか無いので、コギト命題がデカルトのかの有名な言葉とは、知りもしませんでした。今後、少しずつにはなりますが、調べてみたいと思います。その様なきっかけを作って下さった事、そしてご声援、ありがとうございます。
私も、丸井太輔様のますますのご健勝を、お祈りいたしております。

今回はこの様なブログを読んで頂き、ありがとうございましたm(_)m

投稿: RuKa | 2007/09/28 17:22

TBありがとうございます。
興味深く読ませていただきました。
これからもあなたの率直なご意見を聞かせてください。

投稿: 今枝仁 | 2007/09/29 23:53

今枝仁様、初めまして。コメント、ありがとうございます。
記事「コメントする価値も無い?!」では失礼致しました。この場を借りてお詫び申し上げます。

これからどんな記事を書いていくのかは私にも分かりませんが、お見知りおき下さい。

お越し下さり、ありがとうございましたm(_)m

投稿: RuKa | 2007/10/01 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401627/8125661

この記事へのトラックバック一覧です: 陳腐だけど:

« フラワーアレンジメント | トップページ | 言い訳。 »