« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

コメント返し

もうちょっと待ってて下さ~い;

すまぬ;;

| | トラックバック (0)

迷走するNHK紅白

――体どこに焦点を当てて番組を作成しているのだろうか?

NHKの年越し番組・「紅白歌合戦」である。

近年、無理に万人受けを狙って、人気・視聴率共に落としている。

視聴率は、それ全てが人気の裏返しでは無いが、少なくとも私の周囲では、人気の陰りが伺える。

「年々つまらなくなっている」と言うのだ。

私も、近年の紅白は見る気がしない。中途半端に若者に媚を売っている様で、面白くないのである。
若者向けにしようとするなら、もっと「粒」を使うべきである。真面目さを捨て切れずに何をしても、けじめつかずで終わってしまう。
まして、これからは高齢化社会だというのに、彼らを殆ど蔑ろにした年明け番組作りには、「ズレている」と言う他無い。

邦楽にしても演歌にしても、国民的ヒット曲が無い事も原因の1つかもしれないが、毎年演出が稚拙で、俳優の方々が「演じています」という雰囲気が前面に出てしまっている。
曲の繋ぎも悪い。メロディーがすーっと耳に入って来ないのだ。

又、ドラマは近隣諸国に頼り過ぎな面も伺える。

私は「チャングムの誓い」がツボに嵌り、時間が許す時は見るのを欠かさないが、それにしても、あの勿体ぶりにはうんざりである。

あれではいつかのたまご●ちの様に、売れ残りの危機に面してしまう。

扱い―売り方が下手なのである。「冬のソナタ」のヒットも、最後の最後で逃してしまった感が否めない。見ていた訳では無いが、その人気は尻切れトンボの様だった。

「チャングム」に関してはそう易々と手放す風には見えないが、折角の完全版も、BSは誰もが見られるものでは無いし、放送時間も悪い。3~4度目の放送でこれでは、「勿体ぶっている」と取られても仕方が無い。

確かに、国内製作の番組より外国の番組が視聴率が取れて人気もあれば、危機感を感じてその様な行為に出る気持ちも分かるが、それを踏まえて対策を立てていかなければ、少なくともドラマや紅白は落ちぼれるだけになってしまう。

NHKは高学歴の人が集まっているのだから、頭脳はあると思う。しかし、一生懸命仕事している人もいれば、怠ける人もいる中で、要となる番組の的を絞りきれていない様子が伺える。

ここは、時代の流れを読んで欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

裏切られたら、

表で切ろう。

バッサリと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

人間なんてそんなもん。

もし、自分自身の嫌なところを見つけたら。

人間、その瞬間から無意識に精進しているのでは。

それが無い人は、達観したか、単なる惰性か。

どちらにしろ、個性は個性。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

格言

宗教は飲んでも飲まれるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「もやしもん」見た。

予告だけ。

TVを付けてたら偶然やってたんだが、何か面白そうだ。

農大生の研究がテーマなの?

理系だったからちょと興味あるなー。

で、

アオカビは湿気が好き。

って言ってた。

普段キャラクターを可愛いとか思わないんですが、これはちょっと可愛かった。

カビだから…?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

体細胞分裂

この記事はまとめ途中です。

体細胞分裂とは、配偶子(生殖細胞)以外の体の細胞を増殖させる細胞分裂である。
細胞分裂を単に体細胞分裂と言う事もある。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※細胞周期※
・G1期:DNA合成準備期(細胞の成長等)→S期:DNA合成期→G2期:DNA分裂準備期→M期:分裂期(有糸分裂&細胞質分裂)
・G1→S→G2を、総称して間期と呼ぶ。
・分裂しないまま機能を果たす細胞は、「G0期にある」という。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※体細胞分裂の過程※

1.有糸分裂:核が分裂する。

①前期

②前中期

③中期

④後期

⑤終期

2.細胞質分裂
動物細胞では、細胞質の中央に収縮環(アクチン-ミオシン系から構成)が形成され、細胞膜がくびれて分離する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

※チェックポイント(checkpoint):細胞周期を先に進めて良いかどうかをチェックする時期。

1.G1→S期チェックポイント:DNA合成に入れるかどうかをチェックする。
①環境条件は良いか。
②DNAが損傷していないか。

2.G2→M期チェックポイント:細胞分裂できるかどうかをチェックする。
①DNA複製が完了したか。
②細胞の大きさは十分か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンドサイトーシス

この記事はまとめ途中です。

1.ファゴサイトーシス

2.ピノサイトーシス

①液相エンドサイトーシス

②受容体仲介型エンドサイトーシス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

卑劣な贖罪。

決して綺麗な思い出話ではない。
中学の時、私は友人―知人と呼ぶべきなのだろうか?実質、話をしたのは1日にも満たない。―を事故で失った。

失う事は、世に生まれて来た以上付き物だ。だから、私はそのまま死を受け入れた。泣くことも、感傷に浸ることもなく。

ここまでで、私が如何に薄情な人間かが分かるだろう。
そして、非常に冷徹である。これらを踏まえて読んで欲しい。

彼女は同級生から虐めを受けていた。内容は思い出せないが、聞けばほとんどの人間が顔を顰める様な内容である。私は彼女の口からそれを聞いていた。

当時、クラスから外れていたのは私だったが(それが良かったと、今でも思う)、彼女は長い間それらに耐え、「自分が無視されるのは当然だ」という様な感覚さえ垣間見えた。
彼女曰く、「(彼女を)虐めていた者は、今も何も思っていない」との見解だった。

しかし、彼女が亡くなった当時、中二の秋頃だったか。
彼女の死の報告を学年集会で聞いて、咽び泣くクラスメイト達の姿があった。
わんわんおんおんと、学級に知らしめるかの様に。
わざとらしい咽びが、「何もしていません」、「何も無かったんです」という言い訳の様に聞こえた。
彼らの中に、虐めに加担していた者がいるのを、私は知っていた。
フィルターを取り除いても尚、彼らの顔は、どこか平然としていた。本当に「哀しんでいる」のとは、何か違った。
唯、耳障りな声を上げているだけで。

そして、その勘は当たる事になる。

次の日から、あれほどまで涙を流していた彼らは、終始あっけらかんと過ごしていた。―悔いる事も無く。

私は、反吐が出た。

「偽善」ってのは、こういうことなんだと。
本物のそれは汚らしく、醜悪な臭いを放つ。鼻が捥げる様なあの感覚。

『クズが』

私は、そう心の中で呟いた。

『こんな馬鹿げた奴らとやってられるか』『てめぇらとつるんでたら、何処へも行けなくなるわ』と、この時、完全に「人を自分の中から排除する」方法を覚えた。幼少抱いていた「全人類平和ロマンス」も、頭の隅に残る事無く、掻き消された。
本来の現実直視主義が、顔を出したのだ。それは今、非常に役立っている。重宝すべき本質だろう。

それ以来、他の事実も重なり、『幼馴染以外、小中で一緒だった連中とは、誰一人としてこれ以上親しむ事も無い』と割り切り(案外、その選択は正解だった。関わっていたら足を引っ張られ、今の自分は無いだろう。A地区は唯でさえ教育環境が悪い。これは今でも言える。勿論、良い人もいた)、卒業までを過ごした。

裏で陰口を叩き合う様な薄っぺらな関係など、私は求めてはいなかった。

そして待ちに待った卒業式。要らない学校―ここの先生と生徒からやっと解放される。

「用済み」だと思った。

確かにそうなった。

―しかし、偽善はもう一つあった。
それが人を感動させる為の美しい行為だとしても、その人物が如何に評価されようとも、私の中で、この二文字だけは消えない。
「偽善」の二文字が。

あの気持ちは何だったのか。説明するには、「嫉妬」という言葉が一番似合うだろう。

『何故、それをお前が言うのか』と。

『何も知らないくせに』

『格好付けるな』と。

私は、彼女の一部しか知らない分際のくせに、そう思った。

「体育祭、そこには一つの鉢巻きがありませんでした」

この言葉が、唯、涙を誘うための演出だったのか、本当に彼女の死を慈しんで言ってくれたのか、私には分からない。その人は後ろを向いていた。けれど、彼女とその人との接点は、まるで無かった。

しかし私は、偽善なんかより、もっと性質が悪い。

自分がそれを思う事を良しとし、他人にそれを渡さないのである。

そして、『哀しい』とすら思いもしなかった人間が果たして、彼女の死を慈しめるのだろうか?―いや、慈しめたのか。

友人と呼ぶか知人と呼ぶかなど、迷走以外の何者でも無い。

―きっと、そこに愛は、無かったのだと、思う。

私は「死」だけを、見つめていた。

私も何も知らなかったのと同じ様なものなのに、思い返しては今でも平然と、こんなことが言えるのだから。

出向くことの無い彼女の家族は今、どうしているか。

一度も見たことの無い彼らに会ったとして、その時何を言うつもりなのか。

恐らくはいつも通り、だろう。

今の私には、自分の行く道すら、不透明である。

それはいつの時代も、同じことだけど。

―彼女は最期、その瞼の裏に、何を見たのだろうか―

| | コメント (0) | トラックバック (0)

占いじゃないよ☆ゲームだよ♪

友人から頂いたゲームです♪
暇潰しにちょこっと、遊んでみて下さい^^
紙と筆記用具が必要ですv
1人につき1回しか出来ないタイプの遊びなので、スクロールは慎重にw

*****ゲームはここからスタートです*****

このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたったの10分で願い事が叶ったそうです。

このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。

約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たったの3分ですから、ためす価値ありです。


まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。




1)まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。




2)1番と2番の横に好きな3~7の数字をそれぞれお書き下さい。




3)3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味のある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同性の名前をかく)




必ず、1行ずつ進んで下さい。先を読むと、なにもかもなくなります。




4)4、5、6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さい。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。



まだ、先を見てはいけませんよ!!

5)8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。




6)最後にお願い事をして下さい。




さて、ゲームの解説です。


1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。

2)3番に書いた人は、貴方の愛する人です。

3)7番に書いた人は、好きだけど叶わぬ恋の相手です。

4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。

5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。

6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。

7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。

8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。

9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。

10)そして11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。

これを読んでから、1時間以内にブログに貼り付けなさい。


そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、送らなければ、願い事と逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが、当たってませんか?

*****以上*******

いかがでしたか?
私は結構当たってましたv(^^)
4,5はどっちつかずで迷ったんだけど、どっちにしても良かったかもvV
10がそれっぽい歌詞だった事にはびっくり(@@;)3,7があれなのは置いといて;
唯、10=LIFE(中島美嘉)は分かるけど、11=春のかたみ(元ちとせ)が…凄い曖昧な感じがしますf(^^;私の生き方ってこうなんだーぁ?って、新発見?(笑)
歌詞的に逆の方が良かったかな?とも思ったんだけど、これはこれで当たってるっぽい。
でも、この歌好きなんで、ちょっと歌詞だけ、一部載せておきますね♪是非カラオケで(笑)

「春のかたみ」 作詞・作曲:松任谷由美 唄:元ちとせ

空を埋める花の色
うつりけりな我が恋
やがてすべてが過ぎ去るあとも
あなただけを想う

いつか春の夕まぐれ
初めて口づけした
幻のような香りの中で
あなただけを想う

《中略》

舞い踊る花の宴 月は止まったまま
もうおそれも戸惑いもなく 流れゆくまま

あなたの胸にこの身を任せ
私は死んでいこう

前も見えず、息も出来ず
あなただけを想う

やがてすべてが過ぎ去るあとも
あなただけを想う

ああこの声が聴こえますか
あなたを想う声が

…お、想い…じゃなくて、重いorz

| | コメント (2) | トラックバック (1)

分子シャペロンとトランスロコン

分子生物学のお勉強。

タンパク質の性質は、そのアミノ酸配列(一次元構造)によって決定されている。

翻訳が終結したタンパク質―ポリペプチド鎖は、最終的に折り畳まれて四次元構造を作り、初めてその機能を発揮する。この過程を、フォールディングと言う。

又、折り畳む際、合成するタンパク質をフォールディングし、機能の獲得を助ける水溶性タンパク質分子シャペロンと言う
多くのシャペロンは熱で機能を失う事が無い
(これを熱ショックタンパク質(Heat shock protein:Hsp)と呼ぶ)為、温度上昇によって変性し、失活した(機能を失った)タンパク質の立体構造を再編する際、直ちに用いられる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、物体は、それが持つエネルギーが最小になるように反応が進行する(Ex.紐を放置しておくと形を変えてしまうが、形成したその形が、そいつの周囲の条件下でのエネルギー最小の状態である。という事だと思います。リンゴが気から落ちるのも、位置エネルギーを最小に持って行く為ですよね。これと同じではないかと)ので、タンパク質も、最終的に最小のエネルギーを持つ様な立体構造を取ると考えられている。

故に、フォールディングの最中、タンパク質が折り畳まれる際、分子シャペロンがタンパク質のフォールディングを手助けしているときは、そのタンパク質のエネルギーは、ほぼ中間の値であると考察される。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

又、リボソーム上で合成され、小胞体内に運び込まれたタンパク質が、小胞体シャペロンのチェックによって最終的に正しい立体構造を形成出来ないと判断されれば、小胞体膜上にあるセンサータンパク質が、核にシャペロンの合成を促進する様情報を伝達する。
しかし、それでも尚、異常タンパク質が蓄積する場合、トランスロコン(これは膜タンパク質である)を通して小胞体外(つまり、細胞質)へ運ばれ、ユビキチン-プロテアソームにて、速やかに分解される。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ユビキチン-プロテアソーム系
①ATP駆動の反応で、ユビキチン(ubiquitin76個のアミノ酸から出来た単量体タンパク)のC末端カルボキシ基とE1(ユビキチン活性化酵素)が、チオエーテル結合を形成。
E1に結合したユビキチンは、E2(ユビキチン結合酵素)の特定のSH基に転移結合する。
③細胞質へ輸送された異常タンパク質(分解予定)に、E3(ユビキチン-プロテインリガーゼ)が結合する。
E2と結合したユビキチンが、E3と結合した異常タンパク質のLys側鎖ε-アミノ基に転移し、イソペプチド結合を形成する。(普通、数個のユビキチンが分解予定のタンパクに結合する。)これを、ユビキチン化と言う。
ユビキチン化されたタンパク質は、ユビキチンが目印となって、26Sプロテアソームという多タンパク複合体により認識・分解される。
E2,E3には、種類が多数存在する。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〔参考文献〕
ヴォート基礎生化学
Wikipedia[ユビキチンで検索]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっちまった…。

遂に携帯からmixiにログインしてしまったorz
でもブックマークはしてないし、簡単設定にもしてないから、mixi依存にはなりません☆

入った理由は、柄を変えられるという操作がやってみたくて(^_^;)
でも未だ出来始めだから、お気に入りは出来なかったな。これから増えるよね、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特技は、

無い事も特技。

っていうか、特技って仕事なんじゃないかと思う。

私生活での特技って、可愛らしいものが多い気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あべっちゃお。

こんな言葉、誰が思い付いたのでしょうか?

いやはや。世間は恐ろしい。

阿部首相辞任の後、「もうこんな事やめちゃおっかな〜」なんて時に使われている模様。

…どうやら、「途中で放り出す」という意味らしいです。

これは、「どんだけぇ〜?!」と違って、流石に流行語大賞にはならないでしょうけど。
阿部首相には申し訳ないですが、作者には、「うまい」の一言です;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生き抜く為に、大儀を持って。

人は、行動の為に己の中に大儀を打ち立てる。

その行動を納得させる為に。

結果の理由にする為に。

「人は、大儀があれば何でも出来る。」

培われた大儀の前にはどんな思想も意味は持たず、ただ原動力となる。まるで底無しの資源の様に。

そこに無償の優しさは無い。

私の行動も、大儀に依るものだ。

そこに優しさは無い。

だから私は、やらねばならぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

賢い命の削り方。

命を削る行為は、この世に生を受けた誰しもが背負った業ではないかと思っています。科学的には自然現象となりますが。(テロメア云々…)
横にして比べると、「誰かが誰かより苦労している」という構図は必然的に成り立ちますが。
人の環境は不平等ですが、生命体としては平等です。

しかし、生きて来た中で、誰しも相応の苦労があったと思うのです。
唯、苦渋を強いられている人が現状のままで良いとは微塵も思いません。…と言ったところで何もしていないのが今の私です。情けない。。のは置いといて(笑);

人生において業を耕す事は、自分を生かす為にも非常に…馬鹿で賢い手段だと思っています。
映画「もののけ姫」のラストで親爺が言った、
「いやぁ〜。参った、参った。馬鹿には勝てん。」
これ、馬鹿になる事はある意味賢いってことなんじゃないでしょうか。馬鹿と利口は紙一重。

そういえば、「もののけ姫」よりしっくり…というか、このことがはっきり書かれていた漫画がありました。

「難しく困難な道ほど、馬鹿と利口両方備えていないと進めなくなる」

これは名節ですよ!この台詞を言わせた作者天才だよ!!

…でもね、この作者。。約一年半、連載休載してたんですよ。

一年半も!!!

世の中には存在するんです!!そんな漫画が!!!

24巻出て…出なくても終わりかな~…って思ってたら、先週から復活しやがってこのヤロウ!!冷めてた熱が再燃しちまったじゃねーか!!!

嗚呼…昔、「今日は載ってるかな♪」と期待してコンビニまで、しかも雨降り止まぬ日に、いそいそと出掛けていき、裏切られるあの感覚。。

それを私に教えてくれた漫画、「HUNTER X HUNTER」。

そう、「HUNTER X HUNTER」!!!!

もうね、バイブルですよ。私にとってこの漫画は。

心に突き刺さる名言と頭脳戦の嵐…。何か無い限り一生手放しません。貶めといて何だけど;

でもあの行動、今思い返すと健気なんだけど、漫画にどんだけ情熱使ってたんだ;自分。。

テーマまとめきれてないけど、今日はこの辺で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「待つ医療」と「疾風の医療」

【シリコンバレー1日時事】腰痛患者に西洋医学による治療と漢方のはり治療を別々に施して効果を聞いたところ、効き目を実感したはり患者の数は西洋医学患者の2倍近くに上ったことが分かった。独レーゲンスブルク大の研究者らが約1200人(平均年齢50歳)を対象に調べたもので、このほど米医学専門誌に調査結果を発表した。

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:.・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:.

私は、いつも間近で針や灸に触れてきたので、腰痛に針が効く事実は知っていましたし、さして驚く様な事ではありませんでした。東洋医学の優れた面を欧州等に認めてもらう為にも、この様な研究は、どんどん進めて頂きたいですね。
何より、その科学的根拠が知りたいです。どうしてその様な効き目が現れるのか、非常に興味があります。

近年、ツボにはありとあらゆる神経が集中しているという事が解明されましたが、未だその仕組みは解明されていません。
しかし、そんな事が分からずとも、このような技術が発達していたという事実は、東洋人が如何に自然発生的な思考を持っていたか窺い知る事が出来ます。
西洋医学では、それとは対を成す医学として、特に外科が発達していますが、腫瘍を取り除く技術などは、やはり圧巻です。

東洋は残し、西洋は切る。

その違いから、歴史的に見て、効用が特に顕著に現れる場として、東洋は静けさの伴った日常、西洋は戦地が挙げられます。
決して、西洋が野蛮という事ではありません。人類は皆、戦争という瓦礫の上に文明を築かせていったのですから。
又、現代医学においては、両者とも必要不可欠な存在であり、東洋医学も西洋医学も日常的な医学と言えます。

では、何故西洋医学が東洋医学より戦場に向いているのか。
それは、合理的思考に根差した「切り取る」という行為そのものに現れています。
東洋医学では、灸を据えたり、漢方薬を投与したりする事でゆっくりと、その人の代謝に合わせて治していきます。いわば、「待つ医療」なのです。
しかし、戦場では生きるか死ぬかという状況の中で暮らさなくてはなりません。そんな中悠長に身を構えていては、流れ弾に当たって死ぬ確立の方がはるかに高いでしょう。
故に、壊死する可能性のある部分を切り取る作業が必要になるのです。
効果の早さから言ったら、西洋が断トツでしょう。
まさに「疾風の医療」です。

「待つ医療」と「疾風の医療」―研究が進むにつれ、夢では無い両者の協演。

科学的根拠が無ければ世界的に認められない現代において、生まれてしまった劣等感や優越感をかなぐり捨てる事は難しいですが、少なくとも生きている間に、その協演を拝めてみたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »