« コメントする価値も無い?! | トップページ | 賢い命の削り方。 »

「待つ医療」と「疾風の医療」

【シリコンバレー1日時事】腰痛患者に西洋医学による治療と漢方のはり治療を別々に施して効果を聞いたところ、効き目を実感したはり患者の数は西洋医学患者の2倍近くに上ったことが分かった。独レーゲンスブルク大の研究者らが約1200人(平均年齢50歳)を対象に調べたもので、このほど米医学専門誌に調査結果を発表した。

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:.・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。o○☆*゚¨゚゚・・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:.

私は、いつも間近で針や灸に触れてきたので、腰痛に針が効く事実は知っていましたし、さして驚く様な事ではありませんでした。東洋医学の優れた面を欧州等に認めてもらう為にも、この様な研究は、どんどん進めて頂きたいですね。
何より、その科学的根拠が知りたいです。どうしてその様な効き目が現れるのか、非常に興味があります。

近年、ツボにはありとあらゆる神経が集中しているという事が解明されましたが、未だその仕組みは解明されていません。
しかし、そんな事が分からずとも、このような技術が発達していたという事実は、東洋人が如何に自然発生的な思考を持っていたか窺い知る事が出来ます。
西洋医学では、それとは対を成す医学として、特に外科が発達していますが、腫瘍を取り除く技術などは、やはり圧巻です。

東洋は残し、西洋は切る。

その違いから、歴史的に見て、効用が特に顕著に現れる場として、東洋は静けさの伴った日常、西洋は戦地が挙げられます。
決して、西洋が野蛮という事ではありません。人類は皆、戦争という瓦礫の上に文明を築かせていったのですから。
又、現代医学においては、両者とも必要不可欠な存在であり、東洋医学も西洋医学も日常的な医学と言えます。

では、何故西洋医学が東洋医学より戦場に向いているのか。
それは、合理的思考に根差した「切り取る」という行為そのものに現れています。
東洋医学では、灸を据えたり、漢方薬を投与したりする事でゆっくりと、その人の代謝に合わせて治していきます。いわば、「待つ医療」なのです。
しかし、戦場では生きるか死ぬかという状況の中で暮らさなくてはなりません。そんな中悠長に身を構えていては、流れ弾に当たって死ぬ確立の方がはるかに高いでしょう。
故に、壊死する可能性のある部分を切り取る作業が必要になるのです。
効果の早さから言ったら、西洋が断トツでしょう。
まさに「疾風の医療」です。

「待つ医療」と「疾風の医療」―研究が進むにつれ、夢では無い両者の協演。

科学的根拠が無ければ世界的に認められない現代において、生まれてしまった劣等感や優越感をかなぐり捨てる事は難しいですが、少なくとも生きている間に、その協演を拝めてみたいものです。

|

« コメントする価値も無い?! | トップページ | 賢い命の削り方。 »

医療」カテゴリの記事

コメント

いつもコメントありがとうございます○┓
「待つ医療」と「疾風の医療」の協演...ほんとにそう願っています。

実は現在の私の仕事は、オルタナティブ医療とかホリスティック医療
の末席におりまして...(医師ではありません)
そっちのブログは途中で放置したままで(汗
そっちのブログもちゃんと更新しようかな...と
今回のRukaさんの記事はいいきっかけとなりました。 ○┓ペコリ

はぁ~ε-(´o`; でも...
仕事上のブログは書いててもつまらないんですよねぇ~f(^_^;)

投稿: 丸井太輔(家輔) | 2007/10/03 03:37

猫さんがあまりに可愛いものでついf(^_^;
こちらこそ、記事を読んで頂いてありがとうございますm(_)m

医療従事者なのですか!!凄いですね!!!
お仕事の方のブログ、拝見させて頂きました。未だ全ての記事を読んでいないのですが、非常に為になる事が書かれているので、愛用させて頂きます^^
でも、確かに仕事で書くというのは、些か辛いものが込み上げて来るものがありますね(^_^;
ストレスになるといけないので、どうぞゆっくり、マイペースでお書きになって下さい。健康第1ですし!
私もゆっくり、お待ちしています(笑)

投稿: RuKa | 2007/10/10 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401627/8215171

この記事へのトラックバック一覧です: 「待つ医療」と「疾風の医療」:

« コメントする価値も無い?! | トップページ | 賢い命の削り方。 »