« 「待つ医療」と「疾風の医療」 | トップページ | 生き抜く為に、大儀を持って。 »

賢い命の削り方。

命を削る行為は、この世に生を受けた誰しもが背負った業ではないかと思っています。科学的には自然現象となりますが。(テロメア云々…)
横にして比べると、「誰かが誰かより苦労している」という構図は必然的に成り立ちますが。
人の環境は不平等ですが、生命体としては平等です。

しかし、生きて来た中で、誰しも相応の苦労があったと思うのです。
唯、苦渋を強いられている人が現状のままで良いとは微塵も思いません。…と言ったところで何もしていないのが今の私です。情けない。。のは置いといて(笑);

人生において業を耕す事は、自分を生かす為にも非常に…馬鹿で賢い手段だと思っています。
映画「もののけ姫」のラストで親爺が言った、
「いやぁ〜。参った、参った。馬鹿には勝てん。」
これ、馬鹿になる事はある意味賢いってことなんじゃないでしょうか。馬鹿と利口は紙一重。

そういえば、「もののけ姫」よりしっくり…というか、このことがはっきり書かれていた漫画がありました。

「難しく困難な道ほど、馬鹿と利口両方備えていないと進めなくなる」

これは名節ですよ!この台詞を言わせた作者天才だよ!!

…でもね、この作者。。約一年半、連載休載してたんですよ。

一年半も!!!

世の中には存在するんです!!そんな漫画が!!!

24巻出て…出なくても終わりかな~…って思ってたら、先週から復活しやがってこのヤロウ!!冷めてた熱が再燃しちまったじゃねーか!!!

嗚呼…昔、「今日は載ってるかな♪」と期待してコンビニまで、しかも雨降り止まぬ日に、いそいそと出掛けていき、裏切られるあの感覚。。

それを私に教えてくれた漫画、「HUNTER X HUNTER」。

そう、「HUNTER X HUNTER」!!!!

もうね、バイブルですよ。私にとってこの漫画は。

心に突き刺さる名言と頭脳戦の嵐…。何か無い限り一生手放しません。貶めといて何だけど;

でもあの行動、今思い返すと健気なんだけど、漫画にどんだけ情熱使ってたんだ;自分。。

テーマまとめきれてないけど、今日はこの辺で。

|

« 「待つ医療」と「疾風の医療」 | トップページ | 生き抜く為に、大儀を持って。 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/401627/8337159

この記事へのトラックバック一覧です: 賢い命の削り方。:

« 「待つ医療」と「疾風の医療」 | トップページ | 生き抜く為に、大儀を持って。 »