« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

風邪ひいた…。

喉が痛い…。熱もある。

体調管理はしていたつもりなんだが。

取り敢えず、インフルエンザではなさそうなので、良かった。コメントの返事遅くなります。ごめんなさいm(_)m

今は針打って、葛根湯飲んで寝たり、ネットしてます。寝ろよ。

誰かに移したいのは山々だが、外出出来ないのが問題ですな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

自殺と生命反応

いろんな観点がありますが、今回はちょこっと揚げ足取りで行きます。
最後の一文は遺族の方々には非常に失礼ですが、どうか、お見知りおきをm(__)m

死ぬのが悪い・弱い という見解は…そのまま生を否定する事に繋がると思うので、その様な言い分は大概にした方がよろしいのではないかと。

生は、死の始まり。

命の価値など、誰が量れるか。

幼少より生命について考察を重ね(おそらく、人とはそういうものなのでしょう。自分の哲学が存在する生き物なのかもしれません)、大学で化学科に入学した事により、思考はより現実的になりました。

まず、物理化学で言うところの厳密な孤立系は、少なくとも地球上には存在しません。
故に、世界と無関係であることは出来ない。
その為、外側から来る侵略に耐えねばならない必然が出てくるのですが、そう出来るかどうかは、その個体次第なのです。
又、細胞死にはネクローシス(壊死)とアポトーシス(能動的な細胞死)が存在するそうですが、虐めやリストラによる自殺は、例えるなら前者になるのでしょうか?
ネクローシスとは、細胞に強度の侵襲が加わった場合に起こるので、人の気持ち-心の基準により自殺は起りうるという事です。

よって、冷たく言えば、自殺は個体による自由選択なのです。

私にとっては、虐めなど芸の肥やしそのものでした(「卑劣な贖罪」参照)が、細胞―遺伝子が異なる限り、唯一無二の存在であり、十人十色のその言葉通り、そうで無い人がいて当たり前なのです。

勿論、「哀しい」形の死を遂げない為に、あらゆる思想・理由が存在する事は、少なくとも温かみのある人としての生き方であり、第三者の行動として、なくてはならないものです。

死は否定出来ない。
しかし、そこに愛があるのなら、「死ぬな」とも、言えるのだろう。

そして生命体は、生まれた瞬間から死という、生体が機能しない状態に移行していくのですから、当然、時間は死に向かって進みます。
これは、時間と生命の関わりが切り離せ無い事から来ています。
よって、死に向かって日夜歩いている私達は、必ず死にます。

死ねば終わる。それが現実。

だから死ぬ事自体、何も悪くも、弱くも無いのです。

いろいろと勿体ぶりましたが、そもそも善悪の基準とは、唱えられた時代・場所でしか機能せず、しかしだからと言って個体の自由を奪ったり、縛ったりする権利は誰にも無いのです。
よって個体―もとい細胞に悪意を持って接する行為は、人らしからぬ、非常に我が儘極まりない行為と言えるでしょう。

この様な事例において先を考える事は最も非情ですが、生きている限り死から何を得るかが、人の業に繋がります。
その観点から見ても、自分以外の命を傷付ける行為は、思考によって自殺するより、ずっと自分の視野を狭める、愚かな生き方にしかならないのです。

[関連記事]
泡沫の記憶

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金八先生撮影現場?!

撮影現場
北千住にて、撮影現場なるものに遭遇しました!
…と言っても、バイト先の真ん前だったから見れただけなんですけど(^_^;)

イルミネーションされた木が綺麗だったので、帰りに激写☆
片付けられる寸前でした^_^;

でも、不思議な事に、現場に人が集まって無かったんですよね。
なので一瞬、区の広報か何かだと思ったんですけど、広報だったらツリー片付ける必要無いじゃないですか?
…てことは、やっぱりドラマか何かの撮影だったんじゃないかと。なんて都合の良い。

しかもこの駅、よく金八先生の撮影に使われる様なので、撮影してた役者が生徒役とか、単に景色の撮影だったら、あまり人集まりませんよね?(生徒さんごめんなさい>_<;)
だから多分撮影ではないかと。

それで、バイトしているお店はスタッフさんやらが沢山買いに来てくれて、凄い混み様でした。
お店真ん前だったし☆
パタッと客足が途絶えたら又来たり。
お陰様でココア売り切れました(*^-^*)
ありがとうございますm(__)m

私もココア、飲みたかったなぁ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

トカゲの尻尾

「トカゲハンターMOCO☆」で、飼い猫・我が家の永遠のアイドルMOCOちゃんがトカゲの尻尾を捕って…というか、狩って来てしまった話ですが。。

あの後、一向にトカゲの尻尾が出てくる気配はありません。

一体どうしてしまったのでしょうか。

その辺で腐ってしまったのか、はたまた、MOCOが食してしまったか…


どう思います?

私は正直、後者が限りなく正解に近いと思うんですよ。

家中何処にも無い、まして腐っているんだとしたら、腐敗臭でたまったもんじゃない筈。
夏場だったし。
生き物だし。

きっと、硫化鉄と酸の反応から発生する、硫化水素さながらの…(+_+)

それが無いという事は、恐らく尻尾はMOCOの腹の中…
いや、既に出た後か。

恐ろしい…!

しかし、それより遥かに勝るのは、逞しく育ったMOCOへ乾杯(^^)/▽☆▽\(^^)の気持ちw

それに比べれば前者など、微々たるもの…。

やぁMOCOよ、トカゲは美味しかったかい?

私はいつも、トカゲやゴキブリをくわえたそのお口と挨拶しているんだねw

止められないけど、仕方ないよね。

全ては、可愛い過ぎるMOCOのせい( ̄▽ ̄)♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屋上の彼岸花

とても良い時期に映せたと思います。
美しく咲き誇るその姿は、「悲願花」としてもおかしくない位、切なさを感じさせてくれました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目的は吸収か。~大連立案~

福田首相と民主党の小沢代表は2日午後、2度目の党首会談を行い、首相は連立政権樹立の協議を提案。小沢氏は持ち帰ったが、民主党は同日夜の役員会で、国民の理解を得られないとして提案を拒否する方針を決定、小沢氏は電話で首相に伝えた。今後、自民、民主両党対立激化に加え、公明党も距離を置くことが予想され、首相の政権運営は厳しさを増しそうだ。小沢氏も求心力低下は必至。今後の政局が政界再編含みで展開するのは間違いない。
(共同通信)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

大連立案を出したとされる福田総理と、それを断ったとされる小沢代表。
両者、政治家としての資質は十分ですね。意思の貫き方が半端じゃない。
そして、でかい。政治家ってなぁこうでなきゃいかんのかもね~。

今回の会談で密室がどうとかいわれてる様ですが、それは的外れです。
気になるのは人の心理ですが、そんな事気にしてちゃ務まらんでしょう。
何故なら、福田総理の狙いは、合併に見せ掛けた「民主吸収」だったと思うからです。小沢代表が靡けば、今の民主は自然と自民に飲み込まれる形になる。まだまだ張り合える程大きく無いですからね。
「密談」にだけ目くじら立ててては、その先が見えて来ない。
今回に至っては、小沢代表が一枚上手でしたね。まず自分の島に持ち帰ったところが良い判断でした。(何を偉そうに。

…しかし公明党、立つ顔無しですね。今まで自民(昔は民主も)と手を組んでいただけに、これをされては。

これからは自民・民主共に内輪揉めで、噂のクリスマス解散か?!
…いやだなぁ。。

で、これがきっかけで民主・自民流応報が内部分裂起こして合う者同士くっ付いたりして。

いつか来そうな気がするんだよな。いつか。
同じ党内で何十年もずーっと仲良く出来る気がしない。
既に思想で分かれてるでしょ。

つくづく思うよ。
恐ろしい人間だけが生き残れる場が、国会だって。それなりに図太い人間だけがね。
優しい人はなれないかも。阿部総理ってそうだったんじゃないか?彼が打ち出した案は大体が通っている、という主張をする方もいらっしゃいますが、あれは小泉政権からの引継ぎで、右の派閥は殆ど彼についていましたから、人数決算では通って当たり前なんですよね。
結果、小泉元総理の尻拭い。
可哀想ですが、なってしまったからには、仕方の無かった事なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

言葉と民族と戦争

謙遜しても…皮肉でも民族で言及するのはどうかと。。
貴族にもアイヌにもいろいろあったのよ。

てか、そろそろ多民族である事実を認識した方が良いと思うよ。何処の国も。
結局、戦争なんてそれが主な理由なんだし。
民族統一するなんて馬鹿げた夢抱いて迷走しちゃってさ。
裏で手を引いてる奴は利益にその思想を載っけて権力者を釣って戦争で儲けるんだから。
戦争なんて権力者の娯楽よ。国民を使った豪遊。
だから終わらないのよね。
そんな大人が子供に礼儀作法の教育しても、説得力無いんですよね。本来は。

これだけの歴史と人間がいるんだからさ〜。気付こうよ。

他の民族や文化を馬鹿にする方が、野蛮なやり方だよ。そんな人の発言聞くと嫌悪感が体中を走るよ。

大和だって何処だって、戦で血を流した命の上に成り立っているんだから、受け入れられないなら「ふ〜んそんなのがあるのか」位で良いんじゃない?
受け入れられないなら無関心でいても罪にはならないでしょ。

今回は公衆の面前で言う言葉では無かったですね。

山岡氏「アイヌの血引く蛮族」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=329301&media_id=2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

春巻きが嫌いな女は

「面倒な奴が多い」

…んだってさ。さっきTVでやってた。「メデューサの瞳」っていう番組。加藤浩次さん司会の。

そこで出てた例が、

♂「飲む?何が良い?」
♀「うーん。何でも良い。」
♂「じゃあ、ビールで良い?」
♀「あΣ やっぱこれ!」

ってな具合らしい。…私は「別に良いんじゃね?(相手が男だろうが女だろうが)」と思ってしまうんだけど。。駄目なの?
そりゃあ、しょっちゅうこんな事なら「面倒な人」って思うけど…あ、やっぱ面倒なんだ(笑)

てか、私も春巻きあんまり好きじゃないんだよね;
でも、春巻き自体がダメって訳じゃなくて、入ってる具にも因るんだけど…山葵とか。
そもそも、脂っこい食べ物があんまり好きじゃない。焼肉は大好きなのに。
生春巻きは好きなんだけどな♪
あの生地がたまらないv

でもやっぱ、春巻きが嫌いな人は面倒臭いのかなぁ?
私は面倒くさがりだけどf(^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »