« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月

X'masイブにららぽーと行って来た

X'masイブにららぽーと行って来た

イブは彼女と(笑)豊洲デートして来ましたvV
中庭のイルミネーションが綺麗だったので、写真をup
夕食は中の韓国料理屋で食べて来ました。
帰り際、そこの店員さんが気さくに話し掛けて来てくれて、蜜柑とクロレッツ貰っちゃいました
とっても和んで、『これぞ接客だなぁ』と感心!
友達と一緒に過ごすイブも、捨てたもんじゃありません(笑)
一転、今日の夜は一人でふらり東京散策&喫茶店で年賀はがきと寒中お見舞の作成。
今日までに投函間に合ったけど、もし元旦に届かなかったらごめんね(笑)
年賀状は筆ペンで書いたのですが、インクジェット用じゃ無い葉書って、今郵便局でも売って無いのかな?
「普通の下さい」って言えば貰える??
実は、寒中お見舞は養護学校で生徒達とてすきで作った葉書で書いたから、墨の滲み具合や色の出方に『和』が感じられるんです。
なんか、違うんですよね。インクジェットとは。
筆ペンで綺麗に書くなら、やっぱりてすきです!
しかし、1年は早い。
もういくつ寝るとお正月。
高校生になった辺りからそう感じる様になりました。
古典文学では、二十歳が一日の正午に当たるそうです。
これから、時間が経つのがもっと早く感じる様になるんでしょうね。
生は無情で風情か。
…帰りに近くのお店に寄ったら、『一人きりのX'masイブ』流れてきて、イブじゃ無かったけど、ちょっと凹んだ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ニュースを見て

ある特集を見て思ったコト↓

東京都現代美術館に行きたい!!
近未来の雑貨を体感したい!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

C型肝炎について↓

言わずと知れた事だが、官僚は税金の殆どを私利私欲に費やしている。

道路やダムを作るなら、こういう事に回すべきだ。

肝心の政府は官僚を仕切るべきなのに、それすら出来ない日本の現状…。
現在この点において、田中角榮の右に出る政治家はいないと言われている。
彼は中卒であった。
だからこその型破りだったのかもしれない。

官僚は東大出身者ばかり(決して東大出身者を悪く思っている訳では無い。現状がそうだから書いたまでである)だが、過去問の傾向と同じ様に、必ずクセはある筈だ。
それさえ見付ければ…突破口が見えるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆手作りリース☆

Rakugaki

行き着けの花屋さんで、クリスマスリースを作って来ました!

土台にモミの葉を挿していき、松をアクセントに加えて形はOK。
その上に生花やエンジェルヘアー等を飾り付けて、完成です

今年で3年目ですが、だんだん上達している気がします。
作業時間も短縮出来ました。

出来上がった後、この花屋さんではケーキと中国茶をご馳走になりました
美味しかった~

因みに、下の写真が去年までのクリスマスリース&ツリーです

01906no2 06no1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「FLY ME TO THE MOON」 SAXヴァージョン

FLY ME TO THE MOON
↑クリックすると曲が流れます。音量に注意して下さい。

You Tubeで見付けて、いつも聞いている曲です。

歌詞の意訳も素敵で、美しい旋律が心を癒してくれます。

どうぞ、聞いてみて下さい。お勧めです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

細胞接着

・細胞同士の接着、又は細胞と細胞外マトリックスとの接着を、細胞接着という。

※細胞接着には、カドヘリンやインテグリン、セレクチン等の細胞接着分子と、細胞質中に存在する細胞骨格(アクチンフィラメント、中間径フィラメント、微小管(←チュブリンの重合体))が連結して細胞接着装置(密着結合(タイトジャンクション)、接着結合、デスモゾーム、ギャップ結合)を形成し、細胞の移動やシナプス形成等の、生体にとって重要な役割を果たしている。

※細胞接着には、同一接着分子同士が相互作用して細胞を接着するhomophelic adhesionと、異種接着分子同士が相互作用して細胞を接着するheterophilic adhesionの2つのタイプが存在する。

※各組織における細胞接着の役割※
1.上皮組織:接着結合、密着結合、デスモゾーム、の様な特殊化した接着構造を形成し、上皮細胞同士を接着。
2.結合組織等:細胞周辺の細胞外マトリックスに、細胞が結合。
3.造血組織等:普段は細胞接着していない血液細胞等は、細胞分化や機能発現時に、ある種の組織に接着する。
4.神経組織:神経細胞の移動、軸索誘導、シナプス形成

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.細胞接着分子

(1)カドヘリンスーパーファミリー:hoophelic adhesionの為、同じ種類のカドヘリンとのみ接着する。Caイオン存在下で細胞接着を起こす。(←これが名前の由来)
①クラシックカドヘリン(cadherin)
・膜貫通タンパク質。Caイオンを介してカドヘリン分子同士が結合する。
・接着結合の形成と維持、細胞分化に関与する。
・上皮に存在するE-カドヘリン(別名L-CAM)、脳に存在するN-カドヘリン(A-CAM)、網膜のR-カドヘリン、胎盤のP-カドヘリンの他、M-カドヘリン、VE-カドヘリン等がある。
・同じ分子同士(N-ならN-と)で結合し、接着結合を形成。⇒出来た接着結合は、カテニンを介し、細胞内骨格系(アクチンフィラメント)に連結する。
②ノンクラシックカドヘリン
※具体例※
・デスモコリン、デスモグレイン:細胞内の中間径フィラメントに連結して、デスモゾームの形成と維持に関与する。
・T-カドヘリン:神経や筋肉に存在。
・プロトカドヘリン:神経に存在。神経細胞の結合に関与し、化学シナプスを形成する。

(2)インテグリンファミリー

(3)セレクチンファミリー

(4)免疫グロブリンスーパーファミリー

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2.細胞外マトリックス

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

3.細胞接着装置

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

〔参考文献〕
HP:機能生物化学研究室

まとめ途中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

HUNTER X HUNTER、休載。

「10週連続掲載」と銘打っていたので、恐らくなるだろうとは思っていましたが…

そうなりましたね(^^;

作者にもいろいろあるんでしょうし、何よりともかく面白いので、多少待ちます。…今まで待ったから少し耐久が出来てしまいましたf(^^;

どうしてそこまで待てるのか…。
自分でも不思議ですが、この漫画にはそれだけの価値があると思うんです。
物語の収束を見届ける価値が。ちゃんと最後まで書いてくれたら、の話ですけど;

この漫画には、登場人物一人ひとりにちゃんと人生(ドラマ)があって、殆ど全て(今のところ99.9%(^^;)のキャラクターに、凄く共感しながら読めるんですよね。
作者のキャラクター贔屓が無いからか、安心して読めるっていうか。
決め付けないんですよね、キャラクターを。
だからこそ、二次元の筈なのに、キャラの存在価値が浮き上がってくるというか。

これって、日常の中でも非常に大事な事だと思っています。

だって、決め付けてしまったらそこからもう、その人物の真価は分からなくなってしまうから。

世間では、「~が悪い」とか、無理やり「こいつの性格何とかし(正さ)なきゃいかん」という様な個人の自己中心性が先走って、「その人」、その「人物」を見ようとしない事の方が多いんですよね。
そういうのって、凄く視野が狭いと思うんです。
例えば、そういう自己中心性が、職場や学校での虐めに繋がったり。
こういうやり方は、ただ相手に不快な思いをさせて、その先にあるかもしれない、それこそイカルゴが感じた様な、友愛を手に入れる機会すら失ってしまうかもしれないんですよ。
私はむざむざ未来を食い潰す様な、そんなやり方をしたくは無いですし、一方的に語りかけられて喜ぶ人なんて、殆どいないと思うんですよ。
だから、まずは「人」を「聞く」ことから始めた方が、人間関係を築く上で明るい未来が待っていると思うんですけどねぇ。。

話脱線し過ぎましたが、取り敢えずHUNTER X HUNTERは私にとってのバイブルっていうことで(笑)

世界観は理想ですしw

他にもキャラクターの性格を生い立ちと併せて分析してみたりと、楽しみがてんこ盛りな作品なんですよね。

多分、終わり方次第では一生全巻持ち続けると思うので、又の連載を楽しみにしていますv

冨樫先生、がんばってvV

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »