日記・コラム・つぶやき

言い訳。

私のブログは何故回りくどい表現が多いのか。

わざとそうしてます。

コメントで議論するのが面倒だからです。

コメントされるのが嫌いなのではなく、俗に言うKY(文章の真意を汲まずしてコメント投稿する様)な人からの言葉が嫌なだけです。

意味なく人の人格を決め付けたり、侮辱する人間は、何様なんでしょうかね。

まぁ、ブログなんて、人生においては二の次三の次ですから。

なくなったからって生きていけなくなるわけじゃないしね。

そんな人を相手にする位なら、いつも通り充実した毎日を送りたいってだけです。

関連記事
「はじめに」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ブドウ糖でECO発電?!

http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/200708/07-074/index.html

いやぁ~、やってくれましたね!ブドウ糖って確か自然界に最も存在する糖でしたよね?
それを聞いた時、「ブドウ糖が分解される時のエネルギーか何かを利用して環境に優しい装置とか作れないかな~」とか妄想していた時期もありましたが、本当にやってくれるとはっ!!

これでソニーは又研究費用が貰えるし、是非実用化に至って欲しいです。初期はやはり値が張るでしょうが、研究費分を取り戻さないといけないので仕方の無い事です。
金欠人間の私は、安くなったら買います。ごめんね環境;

【発電の仕組み】(上記HPより抜粋)
Photo_4 ぶどう糖で発電するバイオ電池は、ぶどう糖を分解する酵素と電子伝達物質を固定化した電極(負極)と、酸素を還元する酵素と電子伝達物質を固定化した電極(正極)で、セパレーターを挟んだ構造になっています。
負極側では、外部からぶどう糖(グルコース)の水溶液を取り込み、ぶどう糖を酵素で酸化分解する際に電子と水素イオンを取り出します。
〔グルコース →グルコノラクトン + 2H+ + 2e-
水素イオンはセパレーターを介して、負極側から正極側に移動します。正極側では、空気中の酸素を取り込み、電子と水素イオンによる還元反応によって水が生成されます。
〔(1/2)O2 + 2H+ + 2e- → H2O〕
この一連の電気化学反応を通じて、電子が外部回路を移動する際に、電気エネルギーが取り出されます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遺伝と責務

遺伝子による病気の診断法が有効である事は言うまでもない。しかし、もし、「全ての環境因子を排除した法律」が確立された場合、それによって起こる問題は逆の立場で2つある。

①環境による因子を考えず、個人の本質を決め付けてしまう。⇒人格の尊重を阻む。差別の拡張。犯罪者と同様の遺伝子を持つからと言って、排除を余儀無くされてしまう。
②環境因子を排除する事によって、責任の全てを遺伝子のせいにしてしまう。⇒犯罪者を、「遺伝子の責任」と言い逃れられる事によって、収容出来なくなる。

続きは又今度。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

決め付けないで。

科学は悪者では無い。

それをもっと分かって欲しい。知って欲しい。
確かに、原爆や生物兵器の醜態は見るに耐えない。しかし、現在の教育現場では、そればかりを馬鹿の様に強調して、科学技術がどれだけ医療に役立っているか、環境への罪滅ぼしを可能にするものか、(担当の先生にも拠るが)殆ど説明が無い。道徳の時間等、何かにつけ「科学は悪者扱い」な発言を幾度と無く耳にしてきた。勿論、悪影響について考えなくてはならないのは当然だ。しかし、それではあまりにフェアでない。それこそ、「世界は変動する」という事実への考察を妨げる行為ではないか。
倫理で言う所の「人間は灰色の存在である」という説。倫理学的に言うなら、科学は人間が生み出した、云わば灰色の子供なのである。

私は、「『科学』という存在を童話で言う『魔法』と捉え、使い方―扱う者によって白にも黒にも染まる。云わば人間と同じ存在」だと考えている。
この世界で変わらない事があるのだとしたら、その1つは「変化」だろう。星の動き、空気の流れ、地殻の変動、生活リズム、細胞分裂…。絶対零度と言われる世界でさえ、微々たる動きが存在するのだ。
この変化を解き明かしたのは、倫理でも宗教でもない。科学という学問なのだ。正にその前に哲学が存在する事実は言うまでもない。そう、科学は「ある事象を深く探求する」行為によって生まれている。この「探求する」行為自体が、人間が考える葦である事の証明であり、哲学なのだ。
理数離れ―この現象は極端な話、「事実への哲学」への配慮の無さが根本にあると伺える。
>続きは又今度。。

入学当初から変わらない概念だが、そんな曖昧な存在だからこそ、善だ悪だと決め付ける様な発言は、控えて欲しい。少しでも科学を齧った者からの、切実な願いである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コラーゲン

一昨年位からだったでしょうか?やたらとこの物質が騒がれる様になったのは。
確かにコラーゲンは、皮膚軟骨人体等、生体を構成するタンパク質の1つですが、これを美肌効果に使うには、補酵素であるビタミンCを一緒に取らないと意味が無いと思うのです…。
タンパク質は、生体内に入るとアミノ酸に分解されて小腸の柔毛から吸収されるか、再合成されるので、再合成されて体内で効率良く働くには、補酵素の遊離による代謝の促進が必要だと考えられます。

又、コラーゲン分子の直径は細胞より大きいので、「コラーゲン入りの顔パック」をしても、期待した効果は望めません。最適温度・最適pHという要因から、生体外でコラーゲンが内部と同じ様に働くとも考えずらいですし。

ある本で、コラーゲンの働きの効率を高めるには「ビタミンCとの同時摂取が良い」とも書いてありました。

よって、コラーゲンは「摂取」に限る
パックは意味無し。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

接客

今日は具合が悪くて昼間何処にも出掛けられませんでした。。
だったら早く寝ろよ、と言いたいですが、ここは気分転換に1つ。

モスでバイトを始めて1ヶ月。指導員の方から接客を褒められ、今の所楽しくバイト出来ています。
しかも。このモスでは1日6hr働いて45minの休憩とバーガー+飲み物(S)が貰えるんです。以前個別指導塾でアルバイトしていた頃より割が良いんですよね。モス最高。

ところで、食品を提供する場でトイレに行く時はどうするのか。中々「トイレ行ってきます」って恥ずかしくて言えませんよね;
だから隠語があるんです。トイレに行きたくなったら「3番行ってきます」とこっそり耳打ち。便利です。
しかし、お客さんが沢山来るピーク時には厨房やレジを抜ける事は出来ません。大抵その前に行っておくのが無難ですが、この前は時間を見誤り、行く事が出来ませんでした。水も飲めずにお仕事お仕事。
しかし、そんな時は脳下垂体後葉からバソプレッシンというホルモンが普段より多めに分泌され、それが腎臓を刺激する事により、細尿管集合管での抗利尿作用を促進して尿から血液中に水分を再吸収してくれるんです。で、長時間労働によって細胞内の水分が不足すると、普段は細胞中に為りを潜めているアクアポリン(aquaporin:この物質を発見した人は2003年にノーベル化学賞を貰っています)というタンパク質が血管と細胞の間を橋渡しして通路を作り、水分が細胞へ吸収されるんです。このアクアポリンは、水以外の毒素を細胞内に吸収しない様、中心に水分子のみが通過出来る様な大きさの空洞があるんです。所謂、レセプター(受容体)です。
だから長時間でも働く事が出来る…。生体にはこんな風に賢い機能が、他にも沢山詰まっているんですね。

生命って、素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

無機化学になるのかな?

最近新聞読んでても科学のニュースが無くて寂しいんですが…。

なので、ちょっと前のニュースで分からなかった…というか、忘れてしまった事があるので、書きますね。

私が大学で化学を齧っていた頃、4年生になると卒業研究やらされるんですが、そこで無機化学研究室に配属された子がいたんですね。彼は優秀で真面目でとても気が利いて、その上、人に説明するのがとんでもなく上手い。そんな奴でした。
その彼の研究が「ダイヤモンドの結晶構造を新しく作る」でした。というか、私はそう認識している。。
その研究が成功すれば、半導体の応用技術に使えて、パソコンなんかの伝達速度が今以上にめっさ速くなる…という効果が望めるとか何とか。…間違えてるかもしんないから鵜呑みにしないで下さい!!;

そんな話を「凄いな~。」と思って聞いていたのですが、先月だったかいつだったか、東大の研究チームが「速度速くさせるのに成功したぜー」とか言ってたっつーか書いてあったのを見ました。
それで…
これって、ダイヤより速くなっちゃったのかな?と。。そうだったら何か悔しい!!

ってか、間違えてたらごめん!;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

活性酸素

 巷で有名な活性酸素。どこまでを活性酸素と呼ぶか、明確な定義は今のところなされていないのですが、スーパーオキシド、ヒドロキシラジカル、過酸化水素、一酸化窒素等がその代表で、呼吸等により、酸素を使ってエネルギーを作る際に発生します。
 活性酸素というと、細胞膜やDNAを傷付けたり、悪玉のイメージが強いですが、病原体を攻撃したり、女性では排卵時に卵子の出口を作る等、生命にとって欠かせない作用も持ち合わせています。又、抗癌剤には、活性酸素を発生させる事で癌細胞を破壊するものも開発されています。正に、善も悪も紙一重です。

 そんな二面性を持つ活性酸素ですが、日本医大の研究によって、「水素を吸引することで、活性酸素を効率良く除去出来る」事が分かりました。体にとって必要不可欠だと分かった今では、活性酸素を除去する事は一概に勧善とは言えないと思いますが、ここは1つ、その実験内容について。↓

  1. ラットの脳の血液の流れを一時的に止め、体内に活性酸素を多量に発生させる。
  2. 1のラットに水素を吸引させる。
    ⇒結果:ラットの脳の炎症が改善した。

というものです。
 現在、「人間にどう応用するか」という課題に取り組んでいるそうです。
 「食事はバランス良く」と言う様に、「活性酸素もバランス良く除去しよう」なんてPRが飛び交ったりしてね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

見たか!植物の力!!

 Cd―カドミウム。原子番号48(=陽子の数)の金属元素。融点(固体が液体になる温度)320.9℃で、腎臓機能に障害を起こし骨を侵す事から、人体に有害。Cdによる環境汚染によって引き起こされたイタイイタイ病が有名である。―粗末にした事は、必ず自分に帰ってくる。これが世界の掟なのかもしれない。
 それでも、自然界には浄化作用があるので、かなりの年月をかけて再び再生するそうです。私達の体にも、病原菌を倒したりする作用がありますよね。しかし、それをいいことに感けていては、いつまで経っても環境は改善されず、悪循環の中、私達は苦しむ事になると思います。
 何が出来るか。科学により犯した罪を科学で償えないか―そんな理想をちょっとだけ叶えるニュースがありました。そう、自然の浄化作用を利用して汚染土壌を改善する実験が試みられ、成果を出していたのです。用いられたのは、アブラナ科の多年草・ハクサンハタザオ。その実験内容は、以下の様↓(論文はこちら)

  • Cdを含んだ野外の土壌で、1年間この植物を栽培した。
    ⇒結果:当初1k㎡当り4.7㎎あったCdが、1年後には1k当り2.6㎎に減少した。
    しかも、土壌から収穫したハクサンハタザオを、乾燥させて400~500℃で焼却処理したところ、ハクサンハタザオに含まれていたカドミウムは揮発せず残り、工業で再利用出来る形で回収出来た。

 Cd汚染された場所は、従来、汚染土壌を入れ替える「客土」という方法で浄化していました。今回の方法では、「工場等の、局部的に高濃度で汚染された部分には対応出来ないが、田んぼや溜池等の、薄く広く汚染された場所では、客土の半分以下のコストで浄化出来る」そうです。

 人の手で汚してしまった環境を、少しずつでも罪滅ぼししていけると良いですね。

参考:毎日新聞社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分子の観察

これまた2ヶ月程前の話。

 東大や産業技術総合研究所等が、分子が動く姿を、世界で初めて電子顕微鏡で捉える事に成功したそうです。

 これまで、「分子は真空で飛び回る上、電子線を当てると壊れ易い為、電子顕微鏡での観察は困難」とされてきました。
 しかし、研究チームは、「カーボンナノチューブ(炭素原子同士が結合して出来た球状あるいは筒状の物質)に、カルボラン(C2B10H12)という有機分子を単独で閉じ込める」事でこれらの問題を解決し、0.21㎚(n=10億分の1)の解像度で、炭素原子が繋がった鎖が振動したり、分子がナノチューブ内を移動する様子を約1分間の動画で捉える事に成功したのです。

 この技術は、摩擦や潤滑、細胞膜中の分子の動きを解析するのに非常に役立ちそうです。凄いことですね。

参考:毎日新聞社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧