漫画

COWBOY BEBOP

ネタバレ大いに含むので、以下反転しておきます。

JAZやBLUESがぴったりのこのアニメ。

過去に生きた男の話…とでもしておきましょうか。

私はそう解釈しています。

人生を棒に振った、でもいいかもしれません。常人の感覚であれば。

「死ぬのは怖くない」と、夢見心地で現実を生きた男…。

しかし、愛した女性を亡くしたことで哀しみを知り、自分が本当に生きているのか確かめるため、死にに行く。

左目で過去を見て、右目で今を見ていた…血で左目が見えなくなっていた最後の演出は、神がかっています。

十年前の作品とは思えませんね。

最期の最後、リアルの中で生きられた…と。

正直、この男の生き方はなぞりたくないんですが…生きるための三大欲求が満たされているからこそ出来る人生ですよね。

こんな人生もありかもしれません。

一度きりで終わるなら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三月四日。

日中は穏やかな晴れであった。
春一番が吹いてから約一週間。
真冬の寒さは退き―と言っても、ここ数年は暖冬が続いているせいで、それが真冬の寒さと呼べるべきものかは甚だ疑問だが―暖かい日が続いている。
桜が見られるのも、もう直ぐそこだろう。
しかし、夜の空気には、未だに冷たいものが混じる。

帰路についたRuKaは、そのつんとした空気を皮膚に感じながら、目的の書物を手に入れる為、行き付けの本屋へと急いだ。

この時、その書店が閉まるまで、僅か15分。

その本屋は、入り口に店員お勧めの本がずらりと並び、通路を二手に分断している。
向かって右側の通路から真っ直ぐに足を運ぶと、人体・薬学に関するコーナーに辿り着いた。
それらの中から二冊を選び抜き、来た道とは反対側の通路を通り、レジに向かう。

しかし、閉店間際、見事目的の品を手にした筈のRuKaに

電流走る!!

微かに感じた違和感 ざわ ざわ…―それを拭えず、僅かに引き返す!! ざわ…
もと来た道を!!! ざわ…

確かに存在した!!
思いもよらない表紙の雑誌が。

そこには、「連載再開」の文字と共に見慣れたタッチの人物が二人(性格には二人と一匹だが)描かれていた。

そしてその近くには、「HUNTERXHUNTER」の最新刊が!!!!

興奮により瞳孔を開―いていたかどうかは定かでは無い。

が、しかし、歓喜に満ちた「私」はその後、手にしていた2冊より一回り分小さいそれと、分厚い雑誌を抱えてレジに並んだ。

…この日の就寝がいつもより遅かったのは、言うまでもない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HUNTER X HUNTER、休載。

「10週連続掲載」と銘打っていたので、恐らくなるだろうとは思っていましたが…

そうなりましたね(^^;

作者にもいろいろあるんでしょうし、何よりともかく面白いので、多少待ちます。…今まで待ったから少し耐久が出来てしまいましたf(^^;

どうしてそこまで待てるのか…。
自分でも不思議ですが、この漫画にはそれだけの価値があると思うんです。
物語の収束を見届ける価値が。ちゃんと最後まで書いてくれたら、の話ですけど;

この漫画には、登場人物一人ひとりにちゃんと人生(ドラマ)があって、殆ど全て(今のところ99.9%(^^;)のキャラクターに、凄く共感しながら読めるんですよね。
作者のキャラクター贔屓が無いからか、安心して読めるっていうか。
決め付けないんですよね、キャラクターを。
だからこそ、二次元の筈なのに、キャラの存在価値が浮き上がってくるというか。

これって、日常の中でも非常に大事な事だと思っています。

だって、決め付けてしまったらそこからもう、その人物の真価は分からなくなってしまうから。

世間では、「~が悪い」とか、無理やり「こいつの性格何とかし(正さ)なきゃいかん」という様な個人の自己中心性が先走って、「その人」、その「人物」を見ようとしない事の方が多いんですよね。
そういうのって、凄く視野が狭いと思うんです。
例えば、そういう自己中心性が、職場や学校での虐めに繋がったり。
こういうやり方は、ただ相手に不快な思いをさせて、その先にあるかもしれない、それこそイカルゴが感じた様な、友愛を手に入れる機会すら失ってしまうかもしれないんですよ。
私はむざむざ未来を食い潰す様な、そんなやり方をしたくは無いですし、一方的に語りかけられて喜ぶ人なんて、殆どいないと思うんですよ。
だから、まずは「人」を「聞く」ことから始めた方が、人間関係を築く上で明るい未来が待っていると思うんですけどねぇ。。

話脱線し過ぎましたが、取り敢えずHUNTER X HUNTERは私にとってのバイブルっていうことで(笑)

世界観は理想ですしw

他にもキャラクターの性格を生い立ちと併せて分析してみたりと、楽しみがてんこ盛りな作品なんですよね。

多分、終わり方次第では一生全巻持ち続けると思うので、又の連載を楽しみにしていますv

冨樫先生、がんばってvV

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「もやしもん」見た。

予告だけ。

TVを付けてたら偶然やってたんだが、何か面白そうだ。

農大生の研究がテーマなの?

理系だったからちょと興味あるなー。

で、

アオカビは湿気が好き。

って言ってた。

普段キャラクターを可愛いとか思わないんですが、これはちょっと可愛かった。

カビだから…?

| | コメント (5) | トラックバック (0)